他人の家に忍び込みリサイクル業者に家具を売り払った無職少年

福岡県警八幡東署は14日、無断で他人宅に忍び込み、その家の家財道具を売り払ったとして、北九州市小倉北区の19歳の無職少年を、邸宅侵入、窃盗容疑で再逮捕したことを発表しました。

この少年は11月2日に、再びこの家に忍び込もうとしたことで、住居侵入容疑の現行犯で逮捕されていて、その調べの中で前に忍び込んだ時の犯行が明らかとなり再逮捕となったのです。

八幡東署によると、少年は9月21日から同28日頃までの間に、住人の女性が入院をして不在になっていた同市八幡東区の家に侵入。

近くのリサイクル業者に家具の引き取りを依頼し、テレビや炊飯器など11点(計13万6200円相当)を売り払った疑いがもたれています。

住民の娘が28日に家を訪ねたことで、犯行が発覚、少年はその時には逃げれたのですが、11月2日に再び、こりずに再び忍び込もうとしたところを逮捕されてしまったそうです。

 

 

舞姫のヒロインであるエリスのモデルとみられる女性の写真が見つかる

森鴎外の代表作である「舞姫」。

その舞姫のヒロインであるエリスのモデルとみられる女性の写真が見つかったことが明らかになりました。この写真を見つけたのは、ベルリン在住の作家である六草いちかさん。

エリスのモデルをめぐっては、鴎外を追って来日した際の乗船名簿から、実在の女性「エリーゼ・ヴィーゲルト」とされていますが、実際にどんな姿の女性だったかは、わかっていませんでした。

六草さんは、エリーゼが1866年9月に今のポーランドで生まれた女性であることまでは突き止めて、それを2011年に発表していました。

六草さんは、その後もエリーゼさんに関す調査を続けていたそうで、古い電話帳などからドイツ国内の親族の住所を割り出し、ついにエリーゼさんの写真を発見したということです。

エリーゼさんを見つけ出したいという六草さんの執念が、六草さんを写真にたどり着かせたのでしょう。

 

ストレス発散のために公文書を盗み出した男

東京都立川市のJR立川駅のトイレで、昨年12月に清瀬市の公文書が放置されているのが見つかりましたが、この公文書を持ち出した人物を警視庁東村山署が窃盗容疑で書類送検していたことが26日にわかりました。

公文書を持ち出したのは、立川市の市文書法制課職員の50歳の男。

男は昨年10月2日から12月7日の間、「ストレスがたまって書類が読みたくなり、持ち出した」という理由で、市役所の倉庫から死亡届や婚姻届など計151通の公文書を持ち出したそうです。

男は事件発覚後から体調を崩して入院しており、今年3月に男性が退院後に事情を聞いたたところ、容疑を認めたため、逮捕・送検となったということです。

死亡届や婚姻届などの公文書を読んで、ストレス発散になったんでしょうか?。

 

新国立劇場で公開中の舞台が主演の俳優が来なかったため中止になる

21日に東京の新国立劇場で公開中の舞台が、主演の俳優が来なかったために、この日の公演が中止になってしまったそうです。

前代未聞のトラブルが起きたのは、俳優の田島優成が主演する舞台「効率学のススメ」。

開演時間の午後1時を10分ほど過ぎても、主演俳優の田島が現れなかったため、関係者が「役者が来ていないため、準備が整わず中止」と発表したのです。

家にもおらず、連絡もつかなかったという田島。

田島は前日までは通常通り出演していたのに、21日に限って来なかった理由は、まだ明らかになっていません。

劇場の関係者は翌日以降の公演について行う予定だが、改めてホームページに案内を出すと説明しています。

前日の20日の公演中に、何かのトラブルでもあったんでしょうかねー?。

 

 

薬局を中心に出店荒しを繰り返し豪遊生活を続けていた男性が逮捕

大阪府警西成署は14日、薬局を中心に出店荒らしを繰り返していた住所不定無職の小山裕司容疑者を窃盗などの疑いで逮捕したことを明らかにしました。

小山容疑者は、すでに同様の罪で逮捕されており、現在、公判中。滋賀、神奈川、埼玉、群馬の4県で主に薬局を狙った出店荒らしを繰り返し、奪った錠剤などの薬品を転売し、ギャンブルや風俗店などで豪遊する生活を続けていたそうです。

小山容疑者は関東の薬問屋に盗んだ薬品を売却していたということですが、個人が持ってくる薬を買い取ってくれる業者が存在するのが驚きです。

小山容疑者は「薬をさばけば、金になると知っていた。遊びの誘惑が忘れられなかった」と供述しているそうです。

被害品は約8万3千点もあり、お金に換算すると約1900万円相当になるということです。

 

「悪魔城ドラキュラ」シリーズの最新作が3DSで発売

ベルモンド一族とドラキュラとの戦いを描いた「悪魔城ドラキュラ」シリーズ。

その最新作が3DSで発売されることが明らかになりました。

3DS専用ソフトとして発売されるのは、「キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ 宿命の魔鏡」。

そのタイトルからわかるように、2010年にプレステ3・Xbox360で発売された通り「キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ」の25年後を描いた続編で、前作の主人公で、ドラキュラとなったガブリエル・ベルモンドと、その息子のトレバー・ベルモンドの父と子の壮絶な戦いを描いた探索型2Dスクロールアクションゲームだそうです。

また、記念すべきシリーズ第1作目の主人公であるシモン・ベルモンドや、ドラキュラの息子でありながら正義に目覚めたアルカードなど、シリーズの歴代の人気キャラクターも操作可能キャラとして登場するそうですよ。

今度はユタ州ソルトレークシティーの小学校で銃に関する事件が起きる

コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件で26人が殺害される悲劇が起きた米国。

その米国のユタ州ソルトレークシティーの小学校で、今度は小学6年生の男児が拳銃を持って学校に登校し、同級生を脅すという事件が起きたそうです。

男児が持ってきた拳銃は、男児の親族が男児の自宅に置いていたものだそうで、拳銃に弾丸は装填されていなかったそうですが、バッグの中に弾丸も持って来ていたということです。

男児は学校に拳銃を持ってきた理由を、コネティカット州の事件から自分の身を守るために銃を持ち込んだと話しているそうです。

怪我人が出なかった事件ですが、幼い子供でも銃を手に入れられる社会を、このままにしておいて本当にいいのでしょうか?。